HOME>トピックス>どのような人物を紹介することで受け入れ先の希望が成就できるのか

間接的に人材を入れるメリット

製造業では労働環境の変化によって、求人を出しても以前のように簡単に人が集まらなくなっています。直接的に求人活動を行うと手間がかかってしまい、それだけ本業に使える人材が減少してしまうため、製造業では人材紹介によって他社から求職者を受け入れる比率が高くなっています。この方法では人材紹介を行う会社が事前にその人物に対する調査を行っていて、そこで適正のある人が選ばれるので受け入れ先が求職者を見極めるという作業を軽減することができます。

求めている人物像

製造業は高度な技術や知識を必要とするものがありますが、人材紹介で受け入れる業種は比較的容易に技術を習得できるものが多くなっていますが、単純作業や同じ行動を繰り返して行うという割合が高くなっています。この単純作業の繰り返しというのは性格が大きく関係するため、人材紹介をする場合にはその人物の性格をしっかりと把握しておく必要があるでしょう。

どのような人物が適しているのか

人材紹介された人を受け入れている製造業の業種は工業製品の場合が多くなっていて、工業製品というのは同じものを大量に生産することを基本に行っています。そのため同じ動作を継続することになるので、忍耐強くて集中力を継続できる性格でなければ、継続して仕事を続けることが難しくなっています。

人物の適正を見極める方法

人材紹介では前職の内容も大切になりますが、それよりも当人の性格がとても重要になります。性格というのは短時間で見極めるのは難しくなっていますが、履歴書に記載されている趣味の内容で性格を認識することが可能です。製造業では長期間働いてくれる人を求める傾向が強いので、同じ作業に対して苦痛を感じない性格の持ち主を選ぶようにしてください。

広告募集中